つなぐ・ひらく・考える。 芸術教育デザイン室CONNECT/コネクトです。

 

■日々更新中。
コネクト厳選の最新情報はFacebookで!

内側と外側の境界線とは
内側と外側の境界線とは

コネクト+考察レポ6

「アウトサイダー・アート」を考える

こちら→

2017年も「コネクト通信」更新中!

●人をつなぐ・知をひらく・場を考える。

耳の哲学(サウンドスケープの視点から)、内と外をつなぐ柔らかな関係性をはぐくむ。


〇お知らせ

ごあいさつ

2017年6月1日より、コネクトは第1期3年間の活動を終えて、第2期活動に入ります。

そのため5月~6月はサイト1部リニューアル等を伴いますので、あらかじめご了承頂けましたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
CONNECT/コネクト代表:ササマユウコ

 

東京ろう映画祭」に参加しました。

 世界から音を消した世界からは何がきこえてくるのか、見えてくるのか?

ブログ「コネクト通信」でご紹介しています。
(2017.4.9 @渋谷ユーロライブ)

うららかに終了いたしました♪

2017年3月20日(春分の日)開催
空耳図書館のはるやすみⅢ・おやこのじかん「はるのはじまり、いのちのたまご」

 ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

活動記録はこちらからご覧頂けます⇒(3/25)

 

【定員に達しました】

3月20日(春分の日)開催

いっしょにあそぶ人たちaotenjo
(外山晴菜/ダンサー、振付家  橋本知久/音楽家)
空耳図書館ディレクター:ササマユウコ
イラスト:Koki Oguma

会場:和光大学ポプリホール鶴川3F
平成28年度子どもゆめ基金助成事業・読書活動

 

今年も「空耳図書館のはるやすみ」の季節がやってきました。詳細はこちらをご覧ください

東京アートポイント計画の一事業として10月に開催された東京迂回路研究のオープンラボ「言葉を交わし、言葉をつむぐ、5日間」ふり返りレポート。

「詩・写真・声~そこから言葉をつむぐということ①」に「詩の考察/耳の哲学」を寄稿しています

(ササマユウコ 12.20)

 

※終了しました!⇒当日の様子
●ミロコマチコ展特別企画で年に一度の

カプカプまつり」を再現しました!

 

12月25日(日)までJIKE STUDIOで開催中のミロコマチコの世界「まぜこぜけはい」展の特別企画です。
出演:ミロコマチコ、カプカプーズ、新井英夫一座

●トークイベント(2時間)
ミロコマチコ×新井英夫×鈴木励慈
・お問合せは JIKE STUDIOまでどうぞ。

11月25日(金)10時より

 

東京大学駒場祭2016企画「こまば哲学カフェ」の「対話って言葉だけのもの?~音楽療法とサウンドスケープからの視点から」にコネクトが協力しています。
ファシリテーターは音楽療法士の三宅博子さんです。どなたでもご参加頂けます。
※詳細は画像をクリックしてください。

「ホーム/アンド/アウェイ」巡回展のお知らせ
4月にアートラボはしもとで開催された『HOME/AND/AWAY』(AAF2016参加)の巡回展が10月26日か熱海で始まります。路上観察学会分科会有志メンバー(西郷タケル、ササマユウコ、山内健司、鈴木健介)によるZINE+漫画、サウンド・インスタレーション(はしもとの空耳)も出展しています。お近くにお出かけの際はお立ち寄りください。

〇開催:10月25日(火)~11月27日(日)(月曜定休)
会場:RoCA晴(熱海市銀座町10-19 1F)
主催:泥沼コミュニティ 共催:RoCA晴 協力:女子美術大学、アートラボはしもと、混流温泉文化祭 後援:アートラボはしもと事業推進協議会(相模原市・女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学) 特別協賛:アサヒビール株式会社
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

●オープンデイのお知らせ⇒終了しました!
第6回「キクミミ研究会~身体と音の即興的対話を考える」@仙川 森のテラス

10月20日(木)14時~15時30分頃
テーマ
役に立つって何だろう?
出席:
新井英夫(カラダ)ササマユウコ(オト)、板坂紀代子(美術)

■3~7月にかけて実施された児童福祉施設でのワークショップ(NPO法人芸術家と子どもたち)、8月下北沢B&B座談会(特別ゲスト:若尾裕氏)、9月地域作業所カプカプ祭などを「キクミミ的に」フィードバックしながら通常の身体と音の即興セッションも実施(するかもしれません)。

【終了しました】第6回キクミミ研究会【夏の特別座談会】
「生きることは即興である

 ~それはまるで‘へたくそな音楽’のように」

 唯一無二の音楽人・若尾裕氏の仕事をキクミミ的に紐解きながら、即興とは?人生とは?を緩く深く愉快に語りあう真夏の一夜.

日時:8月26日(金)場所:下北沢B&B

□主催 B&B

 

出演:若尾裕(臨床音楽学)×新井英夫(体奏家)×ササマユウコ(音楽家・コネクト) □FBはこちら→   □ブログ⇒



聾者の音楽ドキュメンタリー「LISTEN」

自主上映の規定が公開されました。

大学の研究や自治体のサークル、アート系イベントなど幅広い活用が考えられます。

■詳細はこちらでチェックしてください。

□コネクト代表ササマユウコも共同監督(牧原y出演いたしました。テーマは「ウチとソトから’きく’音楽」。監督のお二人と共にサウンドスケープの視点から音楽とは何かを探ってみました。

□当日の様子につきましては、代表のブログ「音のまにまに」でご紹介しています。

4月9日(土)第2回 音楽×弘前の哲学カフェ開催

※当日レポートはこちら⇒
「’きこえない音’は存在するか~花のひらく音をきく」
   講師:今田匡彦(弘前大学教授 哲学博士)
   進行:ササマユウコ(コネクト代表)

音:鈴木モモ(ストリングラフィ)
開催時間:18時~20時 
場所:Studio Eve (ストリングラフィのスタジオです)

3月20日 空耳図書館のはるやすみ2016 おやこのじかん「きこえる?はるのおと」  ※終了しました。ご参加ありがとうございました!

ダンサー/振付家 外山晴菜さん&音楽家・橋本知久さんといっしょに。
ダンサー/振付家 外山晴菜さん&音楽家・橋本知久さんといっしょに。

今年もちょっと不思議な読書会、空耳図書館のはるやすみを開催しました。絵本「きこえる?」(はいじまのぶひこ作 福音館書店)を入り口に、小さなお子さんとその保護者の方を対象にソラミミの世界を楽しんで頂きました。〇当日の様子→
平成27年度子どもゆめ基金助成事業
専用サイト→

皆さん、ご参加ありがとうございました♪ 空耳図書館ディレクター ササマユウコ

 

「空耳図書館ミニ」が3月6日NPO法人らいぶらいぶ主催の「ベビー・フェスタ」に出演しました。ササマユウコの「きく力」のお話を中心に、橋本さん、外山さんも遊びにきてくださいました。(@おださがプラザ)

「ホーム/アンド/アウェイ」@アートラボはしもと、solid&liquid MACHIDAで開催

会期:4月1日(金)~17日(日)
終了しました。レポート⇒


女子美術大学大学院修了生アートグループ「泥沼コミュニティ」がアートラボはしもとを拠点に活動した1年半の記録をこの期間に参加したアーティストとともに展示会とイベント形式「ホーム/アンド/アウェイ」として報告します。

※路上観察学会分科会から(西郷タケル、ササマユウコ、鈴木健介、山内健司)が参加します。
トークイベント:4月3日(日)14時~ 泥沼コラボの活動報告会に加え、期間中は「橋本の空耳」インスタレーション展示、ZINE配布を予定しています。 当日の様子→

関連企画:路上観察学会分科会×泥沼コミュニティ
     「みんなのまちの歩き方」@アートラボはしもと
開催日 2月28日(日)13時~ ※終了しました! 当日の様子はこちら→
アートラボはしもと、ショッピングモール、そしてリニア開発を待つ新市街、旧家の屋敷、史跡、妖怪伝説の残る旧市街。駅をはさんでふたつの顔を見せる橋本のまちを、考現学、路上観察、サウンドスケープ等、それぞれの街の歩き方を一緒に体験しました。

2016年の「コネクト活動」Pick Up!

1月 弘前大学今田匡彦教授「やさしい哲学カフェ」@日本橋DALIA
1月 弘前大学今田匡彦教授「やさしい哲学カフェ」@日本橋DALIA
平成26、27年度子どもゆめ基金助成「空耳図書館のはるやすみ」2月3月 外山晴菜(ダンス)×橋本知久(音楽)
平成26、27年度子どもゆめ基金助成「空耳図書館のはるやすみ」2月3月 外山晴菜(ダンス)×橋本知久(音楽)

発足1周年記念活動報告会

歩く’芸術活動のススメ。

 

日時:11月21日(土)終了しました

場所:@Solid&Liquid MACHIDA
出演】鈴木健介(舞台美術家・漫画家)山内健司(俳優)、松田弘子(俳優)以上3名劇団青年団所属  ササマユウコ(音楽家・コネクト代表)
※当日レポートは こちらから

 ◎コネクトから生まれたワークショップの詳しいご紹介 専用サイト→

●ユニコムプラザまちづくりフェスタ(2月、10月)に参加しました。

第2回路上観察学会分科会からパネリスト 左)山内健司さん(俳優)右)鈴木健介(舞台美術家)以上、青年団所属 進行:ササマユウコ
第2回路上観察学会分科会からパネリスト 左)山内健司さん(俳優)右)鈴木健介(舞台美術家)以上、青年団所属 進行:ササマユウコ
第3回 女子美術大学大学院修了生活動「泥沼コミュニティ」のご紹介 写真右から:沼下桂子、萩原彩乃(以上 泥沼コミュニティ) 進行:ササマユウコ
第3回 女子美術大学大学院修了生活動「泥沼コミュニティ」のご紹介 写真右から:沼下桂子、萩原彩乃(以上 泥沼コミュニティ) 進行:ササマユウコ

◎アートミーツケア学会『醸す力、編む技~コミュニティを変えるアート』@大分

国東半島スタディツアー
国東半島スタディツアー

ササマユウコのサウンドスケープWS  「音のワークショップ」シリーズ

「森で音のたから探し」ほか@町田ひなた村
「森で音のたから探し」ほか@町田ひなた村