芸術の秋本番

『春の祭典』ビジュアルイメージ 左から・宮内康乃(音楽)、白神ももこ(演出・振付)、毛利悠子(美術)
『春の祭典』ビジュアルイメージ 左から・宮内康乃(音楽)、白神ももこ(演出・振付)、毛利悠子(美術)

「芸術の秋」も本番。コネクトのネットワークの皆さんも、全国各地で活躍されています。ぜひ、それぞれのサイトで公演情報等をチェック頂いて、実際に足を運んで頂けたら幸いです。町田市や相模原市にも縁のあるアーティストです。

 コネクトとしては、11月11日に路上観察学会分科会が無事にスタートし、町田の路上観察から始まりました。活動報告は、リーダー鈴木健介(青年団所属/舞台美術家・漫画家・桜美林大学講師)のスケッチとともに、後日専用サイトにアップしていく予定です。どうぞお楽しみに。

  また現在、相模原市/町田市各小学校・支援学校で実施中の桜美林大学アートマネジメント人材養成推進事業(アウトリーチ実習)の取材も精力的に進めています。全取材が終わりましたら、都市郊外の芸術教育、学校と芸術家の関係性の視点から、考察レポートにまとめたいと思っています。

 作曲家・宮内康乃さんが参加して16日まで公演中のフェスティバル・トーキョー『春の祭典』初日レポートにつきましては、こちらをご覧ください。