代表コラム「最期の音楽とは何か、を考えるということ」

【代表ササマユウコ個人FBからの転載です】

 ここ数年、七夕の時期に巡ってくるホスピスコンサート「Mother Songs」が無事に終了した(非公開)。気づけば10年11回目となり春には立派すぎる感謝状まで頂いてしまったが、この場から「音楽とは何か」と気づかされることは果てしなく、いつも感謝しているのは私の方だ。

 昨日は星や宇宙や生命に思いを馳せて'サウンドスケープ'のお話もさせて頂いた。病院の音楽療法士さんやボランティアさん、最近は患者さんにも手伝って頂いて、天井の高いガラス張りの空間に星空を響かせる。私はただ自分を無にして、この一期一会の音の風景に100年歌い継がれた小さな旋律を放つだけだ。それは祈りにも近い。静かで透明な時間だ。
 人は尊く、そして強いと思う。例え余命を知っても、星に願う事、音楽に震える心、そして笑顔を最期まで失わない。ベッドのまま運ばれて参加される方もいる。昨日は最後に宮沢賢治の「星めぐりの歌」を弾いた。コンサートのあと「まさかここで大好きな歌が聴けるとは思わなかった、ありがとう」と涙された方がいた。新顔のボランティアさんは「音楽をきくのではなく、眺めるということを初めてしました。楽しかった」と顔を輝かせていた。
 最初の数年はいわゆる通常のコンサートをしていた。私はピアニストであり皆さんに演奏を届けにきた、というある緊張感を伴う一方的な関係性だったと思う。死にゆく人たちに向けた音楽は「完璧でなければ」と感じていた。しかし10年の月日の中で私の音楽や考え方が変わっていった。死は特別なことではなく日常の延長であり、私の音楽もその風景の一部であればいい。一期一会の時間や出会いを楽しめばよいのだと。音楽は媒体に過ぎない。だから最初に「私はピアニストではなく、皆さんと一緒に音の風景を編む音楽家です」と自己紹介を入れるようにした。すると「受け身」だった会場の空気も一変する。緊張感が解け、別の集中力が生まれることを感じるようになった。お見舞いのご家族が一緒に音を出すこともある。
 音楽とは何かを考えることは結局、人とは、人生とは、生きるとは何かを考えることに他ならないと思う。実は毎年「今年で辞めようか」と思って臨んでいる場なのだが、来年も約束して病院を後にしていた。私はなぜここに来るのか。そこにピアノがあり、空間に静かに響き合うこの場の音の風景、関わって下さる人たちが好きだからなんだと思う。

続きを読む

第8回即興カフェ『満月|森羅万象に耳をひらけ!』終了しました。

2019年5月19日【日・満月】第8回の「即興カフェ」を終了いたしました。今回のテーマはカナダの作曲家R.M.シェーファーがサウンドスケープ論を提唱した著書『The Tuning of The World 世界の調律』の中で記した「Sonic Universe! 鳴り響く森羅万象に耳をひらけ!」に因み、「ひらく」でした。ひとくちに「ひらく」と言っても、日本語の辞書を開くだけでも予想以上に多くの意味が込められた言葉であり、何より人間にとって大切な「感覚」だということが解ります。
 今回はまず「音と場」を「ひらく」をテーマに出入り自由、子どもや妊婦さんOK、聞くスタイルも自由(寝転がってよし)、ヨガマット持参も可という条件にしました。そして会場は、東京郊外の古民家を改装し地域に緩やかにひらいたアーティスト・ラン・スペース(現代美術の分野でアーティストが自主的に運営しているアート発信の場)として注目の「府中メルドル」さんでした。
 文末のリンクから当日の動画等も視聴可能です。スマホ記録ですのでストリングラフィの立体音響やシタール、ピアノの倍音もカットされてしまいますが、当日の雰囲気だけでも伝われば幸いです(2時間30分の内の2分ですが)。そして、できれば専用ページにある過去回の動画と見比べて頂くと「サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する」即興カフェの目的がお分かり頂けると思います。音楽とは「人と場がつくる関係性の音風景」であり、演奏者や空間や奏でる音が変り、毎回の「テーマ(言葉)」が変ることでも生きもののように変化する。各回ごとに編み出された音の風景の違いを少しでも感じて頂けたら幸いです。興味深いのはテーマや場所によって集まるお客様の雰囲気も変ることです。ちなみに前回2月の「ウチはソト、ソトはウチ」はほぼ男性、そして今回は元気な女性たちが印象的でした。

続きを読む

『建築ジャーナル』6月1日発売号「特集・散歩」にササマユウコが寄稿しました

【路上観察学会分科会|活動情報】
2019年6月1日発売号

『建築ジャーナル』特集「散歩」にて、メンバー鈴木健介とササマユウコが、それぞれ漫画と音の散歩(サウンドウォーク)で渋谷のまちを歩いています。ササマユウコは音地図や回想を交えて、音のない音楽作品「渋谷の空耳」が生まれるまでを綴りました。

個性あふれる執筆者6名が歩いた「渋谷」のまち、その都市論をどうぞお楽しみください。

表紙は坂口恭平さんです。

◎詳細は『建築ジャーナル』サイトからもご購入頂けます。

続きを読む

オフィス利用の更新申請が承認されました。

このたび、無事にユニコム(相模原市立市民・大学交流センター)の審査を経て1年間のオフィス更新が決まりました(2020年5月末まで)。芸術と学術を「つなぐ・ひらく・考える」活動もいよいよ6年目。小学校なら最終学年にあたります。特に今年は空耳図書館を地域活動に据えていく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。
◎オフィスは常駐ではないですが、活動にご興味のある方はどうぞ遊びに来てください。若い研究者やアーティスト、地域活動など今までも様々な方が訪れて下さいました。
ちょっと不思議な読者会・空耳図書館、非言語ワークショップ(サウンド・エデュケーション中心)や「音の散歩」(サウンドウォーク)を使った出張企画もご相談ください。地域は限定いたしません。代表ササマユウコの執筆やレクチャーもお受けしています。
※ボランティア団体ではございません。
◎お問合せ 
tegami.connect@gmail.com
芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
http://www.coconnect.jimdo.com

続きを読む

第8回「即興カフェ|満月・森羅万象に耳をひらけ!」

【募集中】第8回即興カフェ「満月|森羅万象に耳をひらけ!~暮らしと宇宙の音楽」

日時:2019年5月19日(日・満月)

※会場は11時の設営から開放いたします。カフェでは別途ランチも頂けます。

OPEN 13:00頃から15:30頃まで

音と場をひらく人たち:伊藤公朗(インド古典シタール)、ササマユウコ(ピアノ)、ストリングラフィ(鈴木モモ)

M.シェーファーは著書『世界の調律』の中で「鳴り響く森羅万象に耳を開け!」と叫びました。

この言葉は、シェーファーが今から40年以上前に提唱したサウンドスケープ論の哲学の根幹であると同時に、サウンドスケープ・デザインの身体論でもあります。シェーファーは教室にヨガを導入し全身を耳にすることの有用性にもいち早く触れてきました。また今回は「ひらく」をテーマに、市民活動「府中芸術祭」を運営するNPO法人アーティスト・コレクティブ府中代表の芝辻ペラン詩子さんが運営する今注目のartist-run space府中メルドルさんや、自宅をひらく活動を展開している演奏者おふたりにもお話を伺いたいと思います。
音楽面も楽しみです。ゲストの伊藤公朗さんが演奏する北インド古典シタールは基本的に即興演奏ですが、そこには「ラーガ」と呼ばれる細かい規律が存在し、その規律があるからこその森羅万象の音宇宙が繰り広げられます。ササマユウコとは白州『生きものの音』ライブ、新宿区プラネタリウムコンサートから約10年ぶり、鈴木モモのストリングラフィとは初顔合です。どうぞお楽しみください。

参加費:ご予約2500円 当日3000円 家族割(おひとり2000円 ※中学生以下無料)

ご予約:メール improcafe.yoyaku@gmail.com ①件名「森羅万象」②お名前③緊急連絡先

企画:即興カフェ Produce:YukoSasama、Curate:Momosuzuki
専用FBページ www.facebook.com/improcafe

主催:CONNECT/コネクト この企画に関するお問合せ tegami.connect@gmail.com

続きを読む