空耳図書館おやこの時間「えほんの音あそび」11月・12月開催@相模大野

 


 ちょっと不思議な読書会「空耳図書館」をユニコムプラザさがみはら(相模原市立市民・大学交流センター 小田急線相模大野駅すぐ)で開催します。
 今回は赤ちゃんからOKの「おやこの時間」です。テーマは「えほんの音」。文字がなかったり、オノマトペだったり、意味がわからなかったり、”自由すぎる絵本”はどうやって読むのかな?教育目的ではなく、柔らかに絵本をあそぶ芸術の時間です。
 手作り楽器やめずらしい音も絵本といっしょにご紹介します。ひとりが好きな人も、大きな音が苦手な人も、いつでもあそびにきてください!

開館日時:①11月2日(土) ②12月22日(日・冬至)  いずれも14時から16時
場所:
ユニコムプラザさがみはら 実習室1(ガラス張りのキッチンスタジオ)

「絵本の音あそび」ワークショップ ※参加費無料・予約不要
対象:
赤ちゃんから小学校低学年  各10組程度・見学OK 40分程度
第1回 11月2日 14時30分 「耳をひらく・耳をすます」 絵本『きこえる?』ほか

愛2回 12月22日 14時30分 「おもしろい音・めずらしい音」 絵本『もけら もけら』ほか

◎「えほんの音」であそぶ人たち
コヒロコタロウ
 三宅博子・小日山拓也・石橋鼓太郎(芝の家・音あそび実験室メンバー)

 芝の家・・港区×慶應大学が共同運営するコミュニティスペース。
空耳図書館ディレクター(ササマユウコ)
◎開館時間(14時~16時)内の出入りは自由です。ワークショップ参加のほか、会場にある絵本や楽器であそべます。

イラスト:おぐまこうき
 東京生まれ、相模原育ち。2014年9月より半年間、南インドの出版社TARA BOOKSにアーティスト・イン・レジデンス。2017年同社より絵本『The Berber's Dilemma(とこやさんとすごいひげ)』出版。第17回ノート展準大賞、GEISAI#14審査員個人賞(伊藤弘賞)など。最近はコミュニティでのワークショップにも積極的に取り組む。

 

令和元年子どもゆめ基金助成事業・読書活動
主催・お問合せ/芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
(相模原市立市民・大学交流センターシェアードオフィス1)
tegami.connect@gmail.com(ササマユウコ)


空耳図書館きのこの時間②秋編

【ゆる募】7月の夏編からあっという間に秋編のご案内です。J・ケージは著書『サイレンス』の最後に「キノコに熱中することによって、音楽について多くを学ぶことができる」と述べていますが、それは凝縮された「きのこの時間」を知ることに他ならないと感じています。この空耳図書館では音楽に美術の視点を加えて、都会の森のきのこを「みる・きく・考える」時間を過ごします。自主事業です。

※参加者には小日山拓也特製きのこ標本&イラスト栞を差し上げます。

日時:2019年10月26日(土)10時から13時@新宿御苑
参加費:無料(別途入園料500円)
【案内人】
小日山拓也(美術)
 きのこ愛好家。芝の家・音あそび実験室、北千住だじゃれ音楽研究会メンバー。東京藝術大学油絵科卒。
・ササマユウコ(音楽)
 サウンドスケープを「耳の哲学」に世界のウチとソトを思考実験中。CONNECT代表。

主催/お問合せ
芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
tegami.connect@gmail.com
http://www.coconnect.jimdo.com


◎お申込みの詳細:Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/2999486976791646/


「哲学カフェ」って何?

「哲学カフェ」って何?
 コネクトの今年のテーマは「考える=哲学する」です。特に空耳図書館で開催している「哲学カフェ」は専門知識が一切必要なく、誰もがいつもの言葉で自由に「対話」できることが魅力です。この点は、コネクトの根底にあるサウンドスケープの思考を学ぶ「サウンド・エデュケーション」とも親和性が高いと感じています。実際にコネクトでは音楽×哲学カフェのコンセプトで「即興カフェ」も開催してきました。
 そもそもの「哲学カフェ」は90年代のパリで偶然始まりました。あるカフェで「哲学討論会」が開催されるとラジオが誤報したことで人が詰めかけ、そこに偶然居合わせた哲学者が始めたというエピソードが何ともパリらしいなと思います。一方で国内の「哲学カフェ」は「震災」を機に始まります。1995年の阪神淡路大震災後には無用とも思えた「哲学」を社会にひらく目的で、大阪大学臨床哲学研究室(鷲田清一ゼミ)からNPO法人カフェフィロが立ち上がった関西中心に、今度は2011年東日本大震災をきっかけに関東方面に、そして全国に一気に広がりました。ちなみに
3月に「おとなの空耳図書館 やってみましょう!哲学カフェ」で進行役をして頂いた寺田先生(上智大学哲学科科長)を始め関東のカフェフィロ・メンバーも鷲田門下が主流です。ソクラテスとプラトンの時代から「対話」の師弟関係は音楽のそれとよく似ています。
 少し個人的なお話をさせてください。筆者(コネクト代表ササマユウコ)は物心ついた頃からピアノや楽典の専門教育を受けましたが、西洋音楽の背景にある哲学を学んだ記憶がありません。明治以降に性急に導入された音楽教育には根幹にある哲学が抜け落ちていて、その問題が指摘され始めたのはつい最近です。筆者は音大ではなく普通大学で
教育哲学と視聴覚教育を専攻し、卒業後は企業の専門職として映画、その後は出版、劇場と併行してCD制作を中心に音楽活動をしていましたが、やはり東日本大震災・原発事故が転機となり、その「音楽の哲学教育の不在」に気づきました。言葉の不在というか。

 そこで2011年から2013年まで「音楽とは何か」を考えようと弘前大学今田研究室(サウンドスケープ、サウンド・エデュケーション)に籍を置き、同時に原発事故で避難した前任者の仕事を急遽受け継ぐかたちで、町田市教育委員会生涯学習部(市民大学担当)の仕事に携わりました。弘前は音楽教育の領域に「哲学」がベースにありました(今田先生は哲学博士)が、市民大学の4年間の現場では日々"哲学対話未満"の場を沢山経験しました。それもあって、2015年に弘前大学出張講座として「即興カフェ」の前身CONNECT+「音楽×やさしい哲学カフェ」を紹介しています。

 音楽家の私が言うのは気が引けますが、この世は残念ながら玉石混合の「言葉」で出来ていることを痛感します。にも関わらず"言葉で考える場"が圧倒的に少ない。音楽の専門教育しかりです。2011年の「自粛」「絆」といった社会からの"言葉の津波"に音楽が翻弄された経験は、言葉より音楽を信じていた私の人生観を大きく変えた出来事でした。先述したように「哲学」や「芸術」そして「社会」や「自由」等の言葉は輸入・翻訳されてからまだ150年。使われ方や意味が曖昧で、正直よくわからない。だから今でも「哲学すること」「芸術すること」は暮らしから遠い印象がある。それは、もともと外国の考え方(言葉)なのですから当たり前なのです。明治から令和まで途中に大きな戦争や震災を何度も経験し生きていくのが精いっぱいの暮らしの中で、学校でもきちんと学んでいない「哲学」や「芸術」をどうして身近に感じることが出来るでしょうか。

 しかしこうも考えます。「考えること」や「表現すること」は本当に特別なことでしょうか?芸術や哲学の世界に限らず、いつもの暮らしの中で実は誰もが当たり前にしていること、そこに名前が付いていないだけだとも思います。だからこそ、混乱した社会の中で「哲学カフェ」や「芸術ワークショップ」が時代を生き抜く知恵として広く受け入れられたのでしょう。

 現在コネクトで進めている聾CODA聴プロジェクトに助成を頂いているアートミーツケア学会も、この関西の臨床哲学の流れにあります。ここでの研究会では音のある/ない世界の「境界」に集い、お互いの文化や言語の違いを認めながら哲学カフェのように「対話すること」を軸に進めています。芸術の中にある障害のある/ないを越えた世界を一般に広く提示することが、この先の多様な社会の小さな光になると信じています。
 もちろん芸術や教育関係に限らず、もしPTAや自治会、会社の会議やサークル活動、親子関係など、暮らしの中にあるさまざまな「話し合い、考える場」がうまく回らないと感じている方がいたとしたら、是非一度どこかの「哲学カフェ」に参加してみてください。街中の喫茶店や公民館を始め、美術館や図書館、今はアクティブラーニングを視野に入れた小学校でも「哲学対話」が導入されはじめています。子どもたちは未来の社会ですから、あと10年もすればどの町にも「哲学カフェ」が当たり前に存在していることでしょう。その一方で今の大人たちは「哲学=考える」を学校できちんと教えてもらっていないのですから、「対話」を基本とする民主主義、「話し合い」がうまくいかないのは当たり前なのです。だからこそ、いつもの言葉で話して・聞いて・考える「哲学カフェ」が暮らしの中に当たり前にあったとしたら、何かが少しづつ変る気がしませんか?

 「対話」は議論やディベートではありません。勝敗や優劣を競う場ではないですし、社会的な立場は関係なく誰もが安心して自由に発言でき、平等に扱われる場です。実はそのような場は社会や学校や家庭の中でさえ、ほとんど存在しないことにも「哲学カフェ」に参加すると気づくのです。では、その"自由"とは何でしょう?平等はよいことでしょうか。モヤモヤしながら、誰かと一緒に考えてみませんか?


[参加者募集中]

芸術・教育関係者に限らず、高校生以上どなたでもご参加頂けます。
おとなの空耳図書館『哲学カフェ入門Vol.2』

テーマ:『自由?』
日時:2019年10月13日(日)13時~15時
場所:相模原市立市民・大学交流センター(小田急線相模大野駅すぐ/第7回ユニコムプラザまちづくりフェスタ参加企画)
進行役:田代伶奈
参加費:おとな1000円、学生500円、高校生無料
◎お申込みフォーム
https://forms.gle/xY7S477AFcjhgeV9A

 

◎もしくはメール soramimi.work@gmail.com
件名「哲学カフェ」①お名前 ②緊急連絡先
企画・お問合せ 芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト tegami.connect@gmail.com


ササマユウコ(音楽家・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト代表)

2014年から芸術と学術を「つなぐ・ひらく・考える」コネクト活動を実践中。サウンドスケープを「耳の哲学」に世界の内と外を思考実験しています。

1964年東京生まれ⇒4歳でピアノ・10歳で楽典を学ぶ⇒都立国立高校⇒上智大学文学部教育学科⇒セゾン文化総合職(映画)⇒レーベル主宰⇒弘前大学大学院今田研究室(サウンド・エデュケーション)・町田市生涯学習部市民大学⇒コネクト活動邁進中⇒イマココ
アーティスト名義:YukoSasama(Spotify,Ituneあり)

聾CODA聴②第1回境界ワークショップ研究会を実施しました(9/9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は台風接近に伴う開催検討から始まり、交通機関の大乱れで遅刻(ササマ)、息子発熱による手話通訳欠席(米内山)、ひとり対応で急遽内容変更(雫境)と、コレクティブの研究材料としては初回からてんこ盛りで、結局4時間半に及ぶ濃密な聾聴の対話の時間となりました。朝は参加者キャンセル相次ぎ開催も迷いましたが、貴重なご意見を頂いたり、通訳までして頂いた参加者の皆さまには心より感謝いたします。
 今日の膨大なトピックをいちど整理し、今期活動の"境界のかたち"を引き続き探っていきたいと思います。後半はイメージが果てしなく広がったハードコアな哲学カフェのようでした。
 印象的なキーワードは「表現とは何か」「言葉の居場所」「五感+」「異文化理解」「リズム」「日本手話と日本語」「ろう学校と音楽/表現教育」あたりです。気になった方はぜひ次回をご注目ください。
・・・・
以下、荒天(前後)時の開催について、今後の"中止判断基準"です。
(メンバー間のディスカッションと実感より)。
①施設管理者の判断だけを頼りにしない
②暴風雨(警報の有無より体感優先)
③40度近い高温(フェーン現象)
④オフィス街を歩くのに危険な強風(体感)
⑤交通機関の大幅な乱れ、運休
⑥子どもの臨時休校、体調不良(本人も)
とにかく自然に逆らわず、聾聴の身体感覚を共有しながら臨機応変に対応します。今回、事前のメンバー間ディスカッションや協力連携は万全でしたが、当日の交通機関が大幅に乱れて進行役(筆者)の遅刻、手話通訳の急遽不在と、不可抗力とはいえ会の内容や時間配分に大幅な変更が生じました。アーティストによるオルタナティブな研究会で「時間」や事前準備をどう捉えるかは難しい問題ですが(即興性の妙があるので)、日本語、日本手話、筆談が飛び交う中、とにかくあっという間に時間が経ってしまいます。今回の参加者の皆様は非常に好意的でしたが、これは今後の課題となりました。哲学対話のルールを緩やかに導入する等も検討したいと思います。
 このプロジェクトは昨年夏に開催した即興カフェ「言葉のない対話」コラボ企画でも思いましたが、非言語コミュニケーションの方が"話が早い"。しかしその境界にあえて言葉を置き、「考える」という試みから見えてくるのが実は社会の問題だったりもします。「言葉」は「きこえる/きこえない」を越えて人をつなぐのか、もしくは分断するのか。非言語に昇華するまで引き続き考えてみたいと思います。なぜなら、この社会は言葉で出来ているからです。
 台風一過、まずは無事に第1回を開催できましたことご報告いたします。
文責:ササマユウコ
2019アートミーツケア学会青空委員会公募プロジェクト
◎第1回聾CODA聴②
 きこえない/きこえるワークショップ研究会
・実施日2019年9月9日 14時〜18時30分
・プロジェクトメンバー:
 雫境(聾、身体、美術)、
 ササマユウコ(聴、サウンドスケープ思考)
 米内山陽子(CODA、舞台手話通訳)
・会場:アーツ千代田3331

 


路上観察学会分科会のページが「スズキセノアーツ」内に開設されました(9/7)

コネクトのワークショップ特設ページで展開してしていた路上観察学会分科会の活動報告を、2019年9月以降はリーダー鈴木健介主宰のスズキセノアーツ内で展開していくことになりました。2014年からの活動も転載していますので、今後の活動と併せてご覧ください。
現在、8月にコアメンバー(鈴木健介、ササマユウコ、山内健司、松田弘子)があるいた新国立競技場界隈のZINEを制作中です。年内には完成すると思いますので、どうぞお楽しみに。

 

◎2014年~2019年8月までの活動に関するお問い合わせは
tegami.connect@gmail.com(ササマユウコ)まで

◎路上観察学会分科会発行ZINEと2019年9月以降の活動に関するお問合せは
スズキセノアーツsuzuken27@gmail.com(スズキセノアーツ)まで