ブログカテゴリ:2015



2015/12/13
【17日19時より アーツ千代田3331に ササマユウコが出演します】...
2015/12/02
CONNECT/コネクト代表・ササマユウコも会員であるアートミーツケア学会から、このたび叢書の第2巻『生と死をつなぐケアとアート~分たれた者たちの共生のために』(アートミーツケア学会編、和田光彦、坂倉杏介 責任編集)が発行されました。...
2015/11/15
去る11月6日から8日まで、代表ササマユウコが所属するアートミーツケア学会に出席しました。今年は大分大学福祉フォーラム「コミュニティを編み直す~つなげる力とアート」との連動で開催され、初日は「国東時間」を知る半島のスタディツアーから始まりました。世界市場を視野に入れた新旧の地場産業、また江戸時代から続く三浦梅園の哲学を知る貴重な機会となりました。夜は市立美術館で開催中の「エコール・ド・パリ」展を使って、美術と音楽の「ユニバーサルな鑑賞スタイル」を模索するコンサートが大分大学主催で行われ、コンサート後は活発なディスカッションが行われました。2日めはこの春「街の縁側」を目指して開館した大分県立美術館のガイドツアー、また現在路上観察でご一緒しているメンバーが所属する青年団主宰の平田オリザ氏が「新しい広場をつくる」をテーマに基調講演をおこない、国東半島の廃校を利用したD-torsoの試みと併せて、その土地ならではの「広場」のつくり方、またそれぞれの土地に流れる「時間」そのものを考える場となりました。3日目は「妖怪」に始まり、大分県立文化芸術短大の「路上観察」によるまちづくりの取り組みや、大阪大学の臨床哲学からオープンダイローグにつながる研究、また最後のセッションでは東京迂回路研究の「哲学カフェ」で「対話」を考える場に参加しました。どのテーマもサウンドスケープ思想とは非常に親和性が高く、コネクト(という芸術活動が)向かうべき方向性を再確認するような有意義で濃密な3日間でした。ここでの出会いや発見はぜひ、今後のコネクト活動にも反映させていけたらと思っています。※写真左上)廃校を利用した国東半島のD-torso 写真右上)まちの「縁側」を目指した県立美術館。災害時にはここが広場になる。 写真左下)コネクト・インタビューのご協力を頂いた「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」のおふたり。写真右下)三浦梅園の哲学を大切にした「国東時間」。 (ササマユウコ記)。
2015/11/10
①日本音楽即興学会@神戸大学...
2015/10/05
爽やかな秋晴れの中、10月3日に開催された第3回ユニコムプラザまちづくりフェスタ(相模原市立市民・大学交流センター主催)で、ミニ・セミナー「泥沼コミュニティが、橋本でしていること。」を開催しました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。...
2015/09/15
第3回ユニコムプラザさがみはら「まちづくりフェスタ」【ミニセミナー】 『泥沼コミュニティ』が、橋本でしていること。 ~女子美術大学大学院修了生/アーティスト・グループによる'’地域活動中間報告会を開催します。...
2015/09/03
町田市の青少年施設ひなた村で、子ども向け、大人向けの2回にわたって代表のササマユウコが音のワークショップを実施させて頂きました(NPO町田レクリエーション連盟主催)。 子どもたちには静かな時間で耳をひらく大切さを、大人たちには哲学カフェとサウンドウォークを体験して頂きました。 詳細はこちらのブログをご覧ください。
2015/08/23
今や淵野辺の夏の風物詩となった桜美林大学プルヌスホール市民群読音楽劇『銀河鉄道の夜』が今年も幕を開け、相模原公演(円形舞台バージョン)が終了しました。10代から80代までの市民と学生がひとつの舞台に立つこの舞台からは、人と人が助け合って生きる社会の理想の在り様も見えてくるようです。しかも今年は8月30日より「めぐろパーシモンホール」でのプロセニアム舞台バージョンも同じメンバーで予定されています。こちらの当日券等の詳細につきましては、メールで事務局までお問合せください。
2015/08/16
「新しい音楽教育を考える会」は日本女子大学教授で東京藝術大学非常勤講師の坪能由紀子先生を中心とした研究会で、音楽づくりワークショップの企画をはじめ、子どもを中心とした音楽づくりに関する共同研究を行っています。...
2015/07/29
芝浦工業大学の学生ボランティア「空き家改修プロジェクト」によって、福祉施設にリノベーションされた民家が「障害者福祉オルタレゴ」として歩み始めています。JR淵野辺駅から徒歩15分程の住宅地に佇む広い庭のある一軒家。いわゆる一般的な「福祉作業所」とは違い、ここでは「障害のある/ない」の境界線を越えた新しい福祉の在り方(関係性)が提案されています。 いちばんの特徴は、この施設にはアートユニットeje(エヘ)のメンバーがいて、利用者さんと共に一日を過ごしていることです。彼らの中心メンバーであるgOさんは、先日ご紹介した東京大学駒場博物館特別展『境界線を引く⇔越える」でも素敵な音作品で場内を包んでいましたが、もともとejeは「音」をメインにした作品を展開し、2013年度岡本太郎賞特別賞も受賞するなど「音楽と美術」の領域を行き来しているユニークなアーティストです。また先月は寺田倉庫のアートギャラリーで関係性をテーマにした作品「ものおと」を展示していました。詳細はこちら→ 理事長の磯部さんの考える福祉は「境界線」を引かず、人と人との関係性、その原点に立ち返るような理念があります。どちらかと言えば「自分には障害がない」と思っている人たちにこそ、あらたな気づきが生まれるような場づくりを目指している。オルタレゴは誰もが生きやすい多様な社会の実験の場であり、またここから「新しい福祉のかたち」が提案されていく可能性も大いに秘めていると思いました。この日も、男性の利用者さん3名が施設の中で思い思いに過ごす中、利用者さんにお茶を出して頂いたり、ejeも交えて世間話をしたりと、彼らの「家」でおもてなしをされているような静かで心地よい時間を過ごしました。ここではウチの人もソトの人も「無理やり」何かをする必要がないのです。 障害のある/ないに関わらず、まず人と人として出会う。その中で相互に新しい発見や気づきがあり、日々の暮らしの時間が少し豊かになる。それこそが最も身近にある芸術(生きる術)ではないかと思うのでした。

さらに表示する