2019/10/13
台風19号で被災された地域の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。...
2019/10/02
 ちょっと不思議な読書会「空耳図書館」をユニコムプラザさがみはら(相模原市立市民・大学交流センター 小田急線相模大野駅すぐ)で開催します。...
2019/09/28
◎【ゆる募】7月の夏編からあっという間に秋編のご案内です。J・ケージは著書『サイレンス』の最後に「キノコに熱中することによって、音楽について多くを学ぶことができる」と述べていますが、それは凝縮された「きのこの時間」を知ることに他ならないと感じています。この空耳図書館では音楽に美術の視点を加えて、都会の森のきのこを「みる・きく・考える」時間を過ごします。自主事業です。 ※参加者には小日山拓也特製きのこ標本&イラスト栞を差し上げます。 日時:2019年10月26日(土)10時から13時@新宿御苑 参加費:無料(別途入園料500円) 【案内人】 ・小日山拓也(美術)  きのこ愛好家。芝の家・音あそび実験室、北千住だじゃれ音楽研究会メンバー。東京藝術大学油絵科卒。 ・ササマユウコ(音楽)  サウンドスケープを「耳の哲学」に世界のウチとソトを思考実験中。CONNECT代表。 主催/お問合せ 芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト tegami.connect@gmail.com http://www.coconnect.jimdo.com ◎お申込みの詳細:Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/2999486976791646/
2019/09/18
「哲学カフェ」って何?...
2019/09/11
昨日は台風接近に伴う開催検討から始まり、交通機関の大乱れで遅刻(ササマ)、息子発熱による手話通訳欠席(米内山)、ひとり対応で急遽内容変更(雫境)と、コレクティブの研究材料としては初回からてんこ盛りで、結局4時間半に及ぶ濃密な聾聴の対話の時間となりました。朝は参加者キャンセル相次ぎ開催も迷いましたが、貴重なご意見を頂いたり、通訳までして頂いた参加者の皆さまには心より感謝いたします。  今日の膨大なトピックをいちど整理し、今期活動の"境界のかたち"を引き続き探っていきたいと思います。後半はイメージが果てしなく広がったハードコアな哲学カフェのようでした。  印象的なキーワードは「表現とは何か」「言葉の居場所」「五感+」「異文化理解」「リズム」「日本手話と日本語」「ろう学校と音楽/表現教育」あたりです。気になった方はぜひ次回をご注目ください。 ・・・・ 以下、荒天(前後)時の開催について、今後の"中止判断基準"です。 (メンバー間のディスカッションと実感より)。 ①施設管理者の判断だけを頼りにしない ②暴風雨(警報の有無より体感優先) ③40度近い高温(フェーン現象) ④オフィス街を歩くのに危険な強風(体感) ⑤交通機関の大幅な乱れ、運休 ⑥子どもの臨時休校、体調不良(本人も) とにかく自然に逆らわず、聾聴の身体感覚を共有しながら臨機応変に対応します。今回、事前のメンバー間ディスカッションや協力連携は万全でしたが、当日の交通機関が大幅に乱れて進行役(筆者)の遅刻、手話通訳の急遽不在と、不可抗力とはいえ会の内容や時間配分に大幅な変更が生じました。アーティストによるオルタナティブな研究会で「時間」や事前準備をどう捉えるかは難しい問題ですが(即興性の妙があるので)、日本語、日本手話、筆談が飛び交う中、とにかくあっという間に時間が経ってしまいます。今回の参加者の皆様は非常に好意的でしたが、これは今後の課題となりました。哲学対話のルールを緩やかに導入する等も検討したいと思います。  このプロジェクトは昨年夏に開催した即興カフェ「言葉のない対話」コラボ企画でも思いましたが、非言語コミュニケーションの方が"話が早い"。しかしその境界にあえて言葉を置き、「考える」という試みから見えてくるのが実は社会の問題だったりもします。「言葉」は「きこえる/きこえない」を越えて人をつなぐのか、もしくは分断するのか。非言語に昇華するまで引き続き考えてみたいと思います。なぜなら、この社会は言葉で出来ているからです。  台風一過、まずは無事に第1回を開催できましたことご報告いたします。 文責:ササマユウコ 2019アートミーツケア学会青空委員会公募プロジェクト ◎第1回聾CODA聴②  きこえない/きこえるワークショップ研究会 ・実施日2019年9月9日 14時〜18時30分 ・プロジェクトメンバー:  雫境(聾、身体、美術)、  ササマユウコ(聴、サウンドスケープ思考)  米内山陽子(CODA、舞台手話通訳) ・会場:アーツ千代田3331
2019/09/07
コネクトのワークショップ特設ページで展開してしていた路上観察学会分科会の活動報告を、2019年9月以降はリーダー鈴木健介主宰のスズキセノアーツ内で展開していくことになりました。2014年からの活動も転載していますので、今後の活動と併せてご覧ください。...
2019/09/02
このたび2019年アートミーツケア学会青空委員会公募プロジェクトに採択されました。
2019/09/01
10月10日現在【台風19号関連】今回の主催はユニコムプラザさがみはら(相模原市立市民・大学交流センター)です。当日の実施可否につきましてはユニコム、またこれを受けてコネクトFB,ホームページでも告知いたします。尚、「万が一、中止の場合は」お申し込み時の緊急連絡先に各自ご連絡を入れます。哲学カフェはコネクト主催に切り替えて後日実施の予定です。引き続き、台風動向ご注目ください。 ◎企画・お問合せ芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト tegami.connect@gmail.com (ササマ)
2019/08/26
【2019年度の今後の 8/25現在】※詳細は随時コネクトFacebookイベントページ等で告知いたします。 【おんがくしつ】 ・11月2日(土)@ユニコムプラザさがみはら(実習室1)⇒お申込み10月1日から  空耳図書館のおんがくしつ①「小さな音のちょっと不思議な読書会」  (令和1年子どもゆめ基金助成事業・読書活動)...
2019/08/19
2017年度アートミーツケア学会青空委員会公募助成プログラムとしてスタートした「聾/聴の境界をきく」(メンバー:雫境×米内山陽子×ササマユウコ 主催:CONNECT/コネクト)。...

さらに表示する