コネクト通信2017


アートミーツケア学会@京都に参加しました。

 12月14日~16日の三日間、京都芸術センター、京都市立芸術大学で開催されたアートミーツケア学会にコネクト代表のササマユウコが参加しました。現在この学会が運営する青空委員会からは、協働プロジェクト「聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」に助成を頂いています。

 また学会当日の詳細につきましては学会サイトやFBの記事をご参照ください。今後、報告レポートが掲載されると思います。

 ※写真は基調体操『集団のアホーダンス』にて、大きな舞台装置をみんなで協力して動かすという体験をしています。

続きを読む

シネマ哲学カフェ+『LISTEN リッスン』上映会@上智大学グローバル・コンサーン研究所

 去る11月24日に上智大学グローバル・コンサーン研究所主催のシネマ哲学カフェ~『LISTENリッスン』上映会+哲学カフェが開催されました(進行役・上智大学哲学科教員・寺田俊郎先生)。CONNECT/コネクトは作品と大学の橋渡し、企画発案~実施までを協力させて頂きました。

 当日は、現在進行中の協働プロジェクト『聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性』メンバー(雫境さん、米内山陽子さん)と『LISTEN リッスン』共同監督の牧原依里さんが参加し、米内山さんは全体と対話の手話通訳を、監督お二人は最後の質疑応答に登壇しました。

続きを読む

協働プロジェクト『聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性』第1回境界リサーチ「コトバ|音|カラダ」を実施しました。

 11月19日に協働プロジェクト『聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性』の第1回境界リサーチ活動「コトバ|音|カラダ」を実施しました(メンバー:雫境、ササマユウコ、米内山陽子 会場:アーツ千代田3331 助成:アートミーツケア学会青空委員会)。

 初リサーチということで、どのような方が集まるかはメンバーも未知数でしたが、手話勉強中の方をはじめ、聾・聴を問わず身体表現や音楽、舞台芸術に関わっている方が中心となりました。聴者に用意した「耳栓」は遮音目的というよりは意識を「内側」に向けるための補助具として、使用は自由としました。実際アンケートでも、耳の中の違和感を理由に使用しなかった方も数名いらっしゃいました。

続きを読む

シネマ哲学カフェ『LISTEN リッスン』上映会を開催します。

続きを読む

第5回ユニコムプラザまちづくりフェスタに「泥沼コミュニティ活動報告」展示で参加しました。

 

「泥沼コミュニティがはしもとでしてきたこと」報告展示会

開催日時:2017年10月15日(日)10時~15時
展示:泥沼コミュニティ
企画:芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト

 

主催:ユニコムプラザさがみはら

続きを読む

バックナンバー2016~2014